最近話題のカナダCo-op留学、どんな仕事ができるの?

最近少しずつ人気が出てきたCo-op留学。

ワーキングホリデーとは違い、現地企業にて有給でお仕事ができるという特徴からキャリアアップ・チェンジをを意識した社会人の方、これから就活を目指している大学生におすすめです。

でも、実際どんな仕事ができるの?と気になっている方も多いはず。今回はそんな気になる疑問を解決すべく、情報共有ができればと思います。

☝まずそもそもCo-opとは?

Co-opについてご存知ないという方はこちらもご覧ください!

専門学校/ 有給インターン(COOP)

興味のある、または、将来目指している分野で専門知識を学びながら、その関連分野にて座学+有給(短期の場合無給)での職業体験ができる専門プログラムです。前半(座学)+後半(有給就業経験)というスケジュールですが、前半パートでも週20時間までのアルバイトが認められるため、働きながらお勉強をして頂くことが可能です。就労経験と語学力の習得が同時にできるため、将来的なキャリアアップを見据えての社会人や就活を控えている大学生の方に特におすすめです。

人気のビジネスやホスピタリティ分野に加え、国際貿易や翻訳、ウェブ開発など幅広い分野で展開しているため、ご自身のご興味ある内容で学んで頂くことができるのも人気の理由の一つです。期間は8か月、1年、1年6か月、2年と様々。予算や時間とご相談のうえプランを立てられるもプラスポイントです。

☝必要な英語力は?

どのプログラムにおいても、おおよそIELTS4.5以上もしくはTOEIC550点以上の英語力が求められます。より専門的な分野、ビジネスやIT系などはIELTS5.0以上もしくはTOEIC650点以上が必要となります。あるいは、学校が独自に提供しているオンラインテストをご受験頂き規定レベルに達していれば参加可能となります。仮に英語力が足りない場合は、事前の英語研修も含め渡航計画を立てると良いでしょう。

実際にできる仕事(例)

下記はあくまで一例です。派遣先決定には様々な条件をクリアする必要がございます。

仕事例

👉ビジネス分野

①一般企業派遣

ポジション:Marketer
業務内容:取引先とのやり取り、事務サポート、経理処理、在庫管理、市場調査etc

②一般企業派遣
ポジション:Office assistant
業務内容:データ入力、電話対応、庶務etc

③食料品店派遣
ポジション:Shift Leader
業務内容:スタッフトレーニング、スケジュール管理、商品管理etc

 

仕事例

👉ホスピタリティ分野

①一般企業派遣
ポジション:Office and sales assistant
業務内容:電話対応、メール対応、商品案内、スケジュール管理etc

②クリニック派遣
ポジション:Medical office assistant
業務内容:問診、予約管理、電話対応、会計処理 etc

③ホテル派遣
ポジション:Front desk Clerk
業務内容:予約受付、チェックインアウト対応、データ管理、会計処理 etc

 

その他、不動産関係、教育関係、航空関係など

派遣先決定時の注意点

派遣先決定は、希望や・条件を考慮し、学校在籍の専任のコーディネーターが語学力、実務経験、性格などを含めサポートしてくれます。ご紹介から面接の設定を行うもの(合格が補償されているという意味ではありません)ですが、希望内容と異なる職種、業務内容になることもあります。

カウンセラーからのアドバイス

まだまだCo-opの存在を知らない方は多いと思いますが、せっかくなら将来に繋がるご留学にしたいと思われる方も多いはずです。ですが長期的滞在になるので、費用がかかりそう・・・と心配される方もいらっしゃいますがCo-op期間中は実質アルバイト含めずっと働けるので、収入が見込める点では安心です!チャレンジしたいお仕事や、ご興味のある分野で活躍できるよう視野を広げてみるときっと新しい発見があるはずです。

 

将来的にカナダに長く住み続けたいという方がいらっしゃれば、Co-opとワーホリを組み合わせたプランもご案内しております。しっかり学んで就業経験を積んだあとに、ワーホリビザに切り替えてそのまま就労ビザまで繋げていくという可能性も十分にあります。30歳以上の方だけが対象ではなく、ワーキングホリデーが使える20代半ばの方でも「ワーホリを有効的に使う」というアドバイス含めさせて頂いておりますので、ご興味ある方は是非お気軽にお問合せください。

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ