カナダ留学前にイギリス・ワーキングホリデー(YMS)に挑戦!?

みなさん待ちわびていた、イギリス・ワーキングホリデー(通称YMS)の募集要項がついに発表になりました!

2020年第2回目は9月21日(月)正午から23日(水)正午までに応募

駐日英国大使館:https://www.gov.uk/government/news/uk-youth-mobility-scheme-2020-for-japanese-nationals-second-ballot.ja

YMS渡航をお考えの方は、以下より申請の流れなど事前にチェックしておくことをおすすめします。

YMSの特徴

  • 募集人数:1,000名
  • ビザ有効期限:2年間
  • 年齢:18歳以上30歳以下※ビザ申請時に30歳以下であれば、渡航時は31歳でも可能

とカナダ・ワーキングホリデーに比べると滞在可能期間や、募集人数に違いがあります。当選すれば2年間滞在可能で就学期間、就労期間にも制限がないことから非常に人気となっています。しかしながら、毎年1000人の限られた人数しか申請資格が得られないためかなりの高倍率となり、なくなく諦めざるを得ない方も毎年いらっしゃるのも事実です。

ですが、YMS応募は無料で簡単に(※メールを1通送るだけ!!)なので、挑戦してみる価値は十分にあるでしょう。当落結果は約1週間後にわかるため、当選して申請に進むか、残念ながら落選して次回の応募まで待つ OR 別のプランへ移行するか決められても遅くはありません。

ワーホリに当選された方は、以下のブログ参考にしてください

YMSに惜しくも落選・・カナダCo-op(コープ)留学はどうですか?

残念ながら2020年中のYMS渡航が叶わなかった方、だけど海外には絶対に挑戦したいという方、カナダにはイギリスワーホリのように長く滞在ができ、しかも滞在期間中は就学・就労が可能な制度があるのをご存知ですか?しかも、年齢制限もないのですでにワーホリを終えられた方もチャレンジできるのです!また、せっかくのワーホリ期間を勉強だけで終えたくない・・就労経験をしっかり積んでキャリアに活かしたい・・などワーホリビザを使うタイミングを考えたい方や将来的には移民も目指したいという方には夢のようなプログラムとなっています。

Co-op(コープ)とは

興味のある、または、将来目指している分野の専門知識を学びながらその関連分野にて、座学+有給(短期の場合無給)での職業体験ができる専門プログラムです。前半(座学)+後半(有給就業経験)というスケジュールですが、前半パートでも週20時間までのアルバイトが認められるため、働きながらお勉強をして頂くことが可能です。就労経験と語学力の習得が同時にできるため、就活を控える大学生や将来的なキャリアアップを見据えての社会人の方には特におすすめです。
人気のビジネスやホスピタリティ分野に加え、国際貿易や翻訳、ウェブ開発など幅広い分野で展開しているため、ご自身の興味ある内容で学んで頂くことができるのも人気の理由の一つです。8か月~2年以上という期間選択肢も豊富なため、予算、目的に合わせた渡航計画を立てることができます。

もちろん、Co-op終了後にイギリスまたは、別の国へワーホリ渡航することも可能です。(ワーホリ参加には年齢規定がありますので事前にご確認ください)

イギリス一筋!絶対イギリス!という方なら当選するまで挑戦し続けても良いかと思いますが、

  • ワーホリ年齢制限が迫っている方
  • 現地で就労経験を積みたい方
  • 専門知識を学びたい方
  • キャリアアップ意識の方

でしたら、カナダ・Co-op(コープ)留学も選択肢の一つにいれてみてはいかがでしょうか?新型コロナウイルスの影響で、世界情勢の変化とともに、「留学の在り方」にも変化が訪れています。コロナ後、ニューノーマル時代に合わせて視野を広げることで、これまで考えもしなかった選択肢を見つけれらるはずですので、Co-opについて聞いてみたい、YMS応募も含めて渡航計画を考えていきたいという方はぜひ無料個別相談もご利用ください!

長期滞在をご希望の方は、こちらの記事もおすすめ

カナダ移住も夢じゃない!?低予算で可能なコロナ後の進学留学のススメ【留学初心者向け】

コロナ禍でもカナダへの入国は可能?【カナダ留学準備者向け】

 

 

 

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ