カナダでワーキングホリデー

ワーホリ昨今の傾向としてカナダのワーキングホリデーは、年明けと同時に早い時期に定員に達していました。その為2008年に9,000人に増員、2009年には10,000人に増員となり、これまでのように、発表と同時に定員に達する事態は回避されました。

ここ数年の傾向として、一番渡航者が多いのが4月ですが、求職をするのに一番タイミングが悪いのもこの時期なのです。カナダに於いて一番求人が多いのが4月中旬〜5月中旬ですので、この時期には働ける状態となっている必要があります。

カナダで日本人のワーホリが得られる仕事の多くが、ホテル、商店、レストラン、旅行会社、お土産物店、カフェ等、旅行関連産業です。これらの会社は日本人観光客が多く訪れる4月末~9月にかけ、臨時従業員として日本人ワーホリを雇用します。この時期を外すと求人は極端に少なくなりますので、求人の多い4〜5月に働くには1〜2月渡航が望ましいです。

仕事を得るには英語力が重要となりますので、年明け早々に渡航し、じっくり英語を勉強してから就職活動をするのが理想的です。

冬の仕事(スキー場やオーロラ鑑賞)は通常11月末〜4月末となります。4月渡航者は仕事を探し出す頃には夏の求人は終わっていますし、冬は必要とされる4月には帰国せねばなりませんので中途半端です。4月渡航希望者はもう少し伸ばしてせめて5月以降に出発をして冬の仕事を狙うのが得策です。冬の仕事の求人は9月頃には出始めます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  •