【2023年最新版】カナダワーホリガイド【完全攻略】

[2023/9/9更新]

こんにちは、アフィニティカナダ担当です。

2023年度カナダワーキングホリデービザが、2023年1月9日(カナダ時間)より開始しています。

ワーホリ行きたいけど何から準備したら良いかわからない
渡航費用ってどれぐらいかかるの?

と情報収集中の方は、是非本記事を参考にしながら申請準備をしていただければと思います。

カナダ移民局参照サイト:
https://www.cic.gc.ca/english/work/iec/selections.asp?country=jp&cat=wh

アフィニティにも多くのワーホリ相談をいただいております!
2023年~2024年にかけてワーホリ挑戦してみようとお考えの方は、お早めにご相談ください。

もくじ

2023年カナダワーホリ申請条件

  1. 日本国籍を有する方
  2. カナダ入国予定日より1年以上のパスポートの有効期限があること*1
  3. 申請時に、日本の住所を記載できること
  4. 申請時点で、18歳〜30歳であること
  5. カナダ入国時点で、2500カナダドル程あること*2
  6. 海外保険に加入していること*3
  7. 日本へ帰国 するための航空券、もしくは航空券を購入できるだけの費用があること
  8. 扶養家族を伴わないこと
  9. ビザセンターでのバイオメトリクス登録
  10. ビザ申請費を支払うこと

*1 例えば、2023年6月1日にカナダに入国予定の場合、パスポートの有効期限が、少なくとも2024年6月1日まで残っていないと、1年の滞在許可がおりません。

*2&3 カナダ入国時に、「2,500ドルほど持っていますか?」「海外医療保険に加入している証明を見せてください」「日本行きの帰りの航空券を持っていますか?」とカナダ移民局のスタッフに事細かに聞かれることはないかもしれません。だからといって、資金がほとんどない状態でカナダに行ったり、海外医療保険に加入してくてもいい、ということではありません。

カナダは保険に加入していないと医療費が非常に高くかかります。
“医療費が払えないからカナダでは医者には行かない“では皆さんが困ってしまいます。

資金準備も同様に、入国してすぐに仕事が見つからない場合もあるでしょう。そんな時でも最低限の資金を持っていれば、仮にお仕事がすぐに見つからなくてもしばらくは暮らしていけるだろう、帰りの飛行機のチケットぐらいは購入できるだろうということです。

つまり、これはカナダ移民局が皆さんのことを考えて作ったルールなのです。

必ず海外医療保険には加入するようにし、資金も十分用意するようにしてください。

知っておきたいカナダワーホリ情報



ビザ申請費用 346カナダドル
内訳:IEC申請料161ドル、Work Permit申請料100ドル、バイオメトリクス登録85ドル
ビザの有効期限 許可証発行から1年以内
滞在期間 入国から1年(有効期限内の出入国は自由)

ワーホリビザ申請の流れ

Step.1 IEC申請
移民局のサイトでアカウント作成し応募します。
Step.2 移民局よりInvitation Letter(招待)が届きます。
10日以内にWork Permit申請開始します。
Step.3 Work Permit申請手続き
20日以内に入力申請、書類アップロードを完了し、ビザ申請費を支払います。
※クレジットカード決済のみ。
Step.4 東京 or 大阪のビザセンターで指紋採取
指紋認証に関するレターが届いてから30日以内に行う
Step ワーキングホリデー渡航許可証(POE)が届いたら完了です。

参考ページ:https://www.canada.ca/en/immigration-refugees-citizenship/services/work-canada/iec/become-candidate.html#joboffer

※ビザ申請に動きがあったらご自身のアカウントにアップデートがありますので、必ず定期的に確認するようにしましょう。移民局から登録したメールアドレスにアラートも届くようになっていますので、受信設定などは前もって見直しておくようにしましょう。

カナダワーホリに必要な費用は?

費用については、皆さんが気になっていることではないでしょうか。
どんなお金が必要なのか見ていきましょう。

1.ビザ申請費用 約3万8,000円
2.航空券(片道) 約18万円~
3.海外留学保険 約25万円前後
4.初めの3ヶ月の生活費 約42万円~
◎家賃・・約10万円~/月
◎食費・・約3万円~/月(自炊)
◎雑費・・約3万円~/月(交通費、通信費、交際費など)

アルバイトで収入が見込めるとはいえ、最初3ヶ月分の生活費は余裕を持って確保しておきたいところです。

1~4を初期費用と考えると最低でも「85万円以上」は準備しておくと安心ですね。

その他、カナダで語学学校に通い英語力も伸ばしたい場合は別途予算が必要です。

1ヶ月の授業料は約17万円~です。
授業は1週間から受けられ、最長6ヶ月まで通うことができますので、目的に沿って計画すると良いですね。

カナダ語学学校おすすめランキングはこちら

あわせて読みたい
【2023年決定版】カナダ留学、おすすめ都市と語学学校3選【費用比較】 [2023/9/2更新] ようやくコロナが落ち着いたと思ったら、円安に物価高・・正直、また!?と頭を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?コロナ前でも留学計...

無料個別相談も開催しています。

30分で丸っとカナダワーホリについて知りたい。
2023年~2024年春頃の渡航をお考えの方は是非ご相談ください!

[blogcard url=”https://forms.gle/ea7ekBzj4cdVXR8z5″]

おすすめ都市は?

バンクーバー

  • 職種が豊富
  • 英語力に関係なく仕事を見つけやすい
  • 比較的過ごしやすい
  • 生活の利便性が良い
  • 最低賃金が高い

トロント

  • カナダ最大都市
  • トレンドや流行の発信地
  • 生活の利便性が良い
  • 職種が豊富
  • 治安が良い

カルガリー

  • 日本人が少ない
  • 費用が抑えられる
  • ウィンタースポーツも楽しめる
  • 落ちついた環境で学習できる

モントリオール

  • 日本人が少ない
  • フランス語も学べる
  • ヨーロッパの雰囲気を味わえる
  • 費用が抑えられる
  • 落ち着いた環境で学習できる

現地での生活スタイルは現地で挑戦したいこと、目的、帰国後どうなっていたいかなどで一人ひとり異なります。一生に一度しか取得できない特別なビザだからこそ、しっかり計画を立てて有意義なものにできると良いですよね。

アフィニティではZoom、お電話、ご来社でカナダワーホリの無料相談も行っています。
無料相談に参加されるお客様の半数以上が、まだ何も決まっていない方ばかりです。
まずは、ワーホリに行くかどうか、本当に今ワーホリビザを取得してよいのか?を自分で判断できるまでの情報を得る為にも、是非お気軽にお問合せください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
もくじ