【2022年最新版】カナダCo-op留学を実現する20のステップ

こんにちは、アフィニティカナダ担当です!

カナダ留学を検討中の方、海外インターンシップを検討されている方々に今とても注目されている、カナダ専門留学「Co-op(コープ)プログラム」

弊社でもカナダ留学の約6~7割がCo-op留学の印象です。

この記事では、
「Co-op留学どういうもの?」
「初期費用いくらかかるの?」
「留学準備って何をすれば良いの?」・・などなど。

日頃から皆さまに多くいただいている疑問・質問を徹底解説しています!

Co-op留学実現までの、全20ステップを大公開

Co-opとはカナダの私立・公立学校のプログラムの一部で、就労体験の付いたプログラムです。Co-opプログラムを選ぶと、座学に加えて現地企業で有給の就労体験ができます。つまり、カナダで学び働き、帰国後の就職あるいは海外就職へと活かす経験ができるのです。

マーケティングやマネジメント等を学ぶビジネス分野、ホテル業界や飲食業界に向けたホスピタリティ分野、コミュニケーション能力が求められるカスタマーサービス分野、Web開発やアプリ開発などのIT分野等様々なプログラムがあり、カレッジによっては、貿易、エアライン、メイク、演劇のプログラムを学ぶこともできます。

希望のプログラムをカレッジで履修後、有給インターンシップとして座学と同じ期間働くことが許可されているのがCo-opプログラムです!

ステップ1:Co-op制度を知る

  • Co-opとはどういうものなのか?
  • 自分に向いているプログラムはなにか?
  • どのぐらいの費用が必要なのか?
  • どんな仕事ができるのか?
  • 渡航スケジュールは問題ないか?
  • 留学経験をどう次に活かせるか

など、基本的な情報を含め収集しましょう。Co-opプログラムを提供している私立校は約20校ほどありネットには情報が溢れています。まずは、無料留学カウンセリングを利用しどのようなカレッジが自分に合うのかを知ることから始めてみるのが良いでしょう。

ステップ2:学校、プログラム、留学期間を決める

Co-op留学に決めたら、学校・受講する科目・留学期間を具体的に決めていきます。
学びたいコース、学校の特徴、住みたい都市などから希望するカレッジを絞っていくのが一般的です。

★ここで1つ注意
遅くとも出発の6ヶ月前までにはプログラムを決め、渡航計画を立てておくようにしましょう。
コロナ禍においてはビザ申請や入国スケジュールが計画通りにいかないケースもあります。できるだけ早めに準備を開始しておくことで、予想外の出来事にも柔軟に対応できます。

ステップ3:プログラム参加条件の確認

Co-opは英語を学びに行く「語学留学」とは異なりカレッジで専門分野を学ぶことになります。そのため、プログラム参加にも一定の英語力が求められます。合否を判定する入学試験はありませんが、進学先によって参加に必要な英語力基準は異なるため、目指すカレッジが決まったら必要な参加条件と英語力を確認しましょう。

*Co-opプログラムに参加するために必要な基本的な条件は以下の通り。

  • 高校・大学・専門学校の卒業資格*1
  • 英語力

*1 オンタリオ州の場合は、Wopnderlic Test受験で代替可

ステップ4:英語力を満たしているか確認しよう

Co-opプログラムを受講するのに十分な英語力があるかどうかを確認するために事前テストを受けることができます。
(既にIELTSやTOEICなどの公式試験でスコアを持っている場合は、そちらで英語力を示すことが可能です。)
もし英語力が足りないと判断された場合でも、カレッジに入校する前に現地の語学学校で英語力を上げるという方法もあります。(カレッジが提携している語学学校を紹介してもらえることが多いです。)
渡航時期が遅くなってもいいので日本で英語力をつけていきたいという方は、カレッジ入校基準を満たすまでオンライン英語レッスンなどを受講し英語力を上げるというのもOKです。

ステップ5:プログラム申込 *出発5ヶ月前

希望するカレッジ、都市、期間、コースが決まったら入学手続きに進みます。
同時に現地での滞在先となる学生寮やホームステイへの申込みも可能なので、希望する場合は滞在期間を決めておきましょう。

★注意点
夏休みなどのハイシーズンには追加費用がかかる場合がほとんど。また、時期によっては希望通りの部屋が空いていないこともあるので、生活環境にこだわりがある場合は早めに手配を進めるのが吉。2022年5月現在では、夏開始のホームステイ受入をストップしている学校も出てきています!このような形で思わぬタイムロスが発生する場合もあるので、秋以降の出発でもできるだけ早く渡航計画は立てておくほうが◎

入学手続きが完了したらカレッジ側より学費の請求が行われます。決められた期日内に海外送金にて支払いを行いましょう。なお、学費送金後に必要書類を集めてビザ申請を行う必要があるので、遅くとも出発の5ヶ月前には入学手続きが完了していることが望ましいです。

アフィニティでは渡航計画~カレッジの入学手続き、送金の代行などを含むサポートまでをご案内しております。
気になる方は、まずは無料留学カウンセリングをご活用ください。

ステップ6:ビザ申請*出発4ヶ月前

支払いが終わり、ビザ申請に必要な学校からの入学許可証、Co-opレター、領収書が手元に揃ったらビザ申請を行いましょう。

カナダの学生ビザの申請はカナダ移民局サイトよりオンラインにて行います。

  1. MyCICアカウント作成
  2. 個人情報入力と質問への回答
  3. 提出書類アップロード
  4. ビザ申請費支払い*1
  5. ビザセンター来館予約
  6. バイオメトリクス登録*2

*1 クレジットカード支払いのみ
*2 東京または、大阪のビザセンターへ来館

カナダの学生ビザ申請は、自己申請あるいは有資格者のビザ(移民)コンサルタントに依頼して進めるのが一般的です。自己申請の場合は準備書類、申請手順など慎重に確認しながら進めるようにしましょう。第三者機関からのアドバイスはカナダ政府のコンサルタントにのみ許されると法律で決まっています。ネットには古い情報もありますので、注意するようにしてください。

ステップ7:航空券を購入しよう

渡航日が確定したら、航空券を予約しましょう。
コロナの影響が続いていることからできるだけ直行便で行くことが好ましいです。
留学先まで安全に渡航し、問題なく帰国できるようアフィニティでは海外留学渡航時の航空券手配を専門に扱う航空会社をご紹介しています。

ステップ8:現地で使えるSimカードや国際キャッシュカードを入手しよう

留学中日本で利用している携帯電話を現地でも利用したい場合は、まずはSIMロックの解除手続きを行いましょう。
SIMロックが解除されている端末であれば、現地のキャリアのSIMカードを入れて現地のネットワークで携帯が使えるようになります。
また、渡航後しばらくは事前に準備しておいた日本円での生活となります。
高額な日本円を現金で持ち運ぶことは非常に危険なので、現地カナダのATMで現地通貨(カナダドル)を引き出せるよう、クレジットカードやキャッシュカードの準備を行いましょう。

ステップ9:海外旅行保険に加入しよう

カナダ国民は、一部の治療を除き原則患者の医療費負担はなく、無料で治療を受けられます。
しかし、外国人旅行者や留学生に関しては、治療費などが全額自己負担となるので非常に高額な医療費を請求されてしまうことになります。
カナダの医療費は日本の約2倍~3倍ですので、大きなケガや病気にかからなくても病院に行くだけで手痛い出費となってしまいます。(うっかり怪我をして入院したことで、かなりの高額な料金が請求された留学生も実際にいらっしゃいます。)
病気や怪我だけではなく、滞在先でどんなトラブルが発生するのかは誰にも予想できません。
万が一に備えて、必ず加入することをおすすめします。

ステップ10:ホストファミリーにご挨拶のメールをしてみよう

こちらは任意ではありますが、ホームステイを利用される方は事前にメールなどで連絡をとっておくことをお勧めいたします。
現地に到着後、ホストファミリーとスムーズにコミュニケーションがとれるよう、是非一度、英語でメールを送ってみてください。
内容は、留学の目的、その国や都市を選んだ理由、趣味などが一般的です。なかには自分の写真や、家族の写真を送られる方もいらっしゃいます。

ステップ11:役所に届け出をしよう*出発2週間前

日本を出発する際には、住民票、海外転出届、健康保険、国民年金などの手続きが必要となります。
Co-op留学の場合は長期の国外生活になるため海外転出届を出していく方が多いですが、1年未満で帰国する可能性のある方は住民票を残していくケースもあります。
個々の状況に応じて手続きも変わってくるため注意が必要です。

ステップ12:最新のカナダの入国規制を確認しよう*入国直前

現在は全世界的に、コロナの影響で入国に関する規定が頻繁に変更されています。
ご出発の2週間を切ったら、入国ルールに変更がないかをこまめに確認しましょう。

ステップ7でご紹介した海外留学渡航時の航空券手配を専門に扱う航空会社を利用していると、渡航直前に変更があった場合にも迅速に最新情報を提供してもらえます。コロナ禍においては格安航空会社などで自己手配するよりも、安全を最優先に航空券を選ぶことをおすすめいたします。

ステップ13:飛行機に乗っていざ出発

入国規制に関する最新情報を確認したら、余裕を持って空港に向かい出発を待ちましょう。
スムーズに荷物を預け搭乗手続きができるよう、荷物の重量制限を確認し、機内持ち込み禁止のものがカバンに入っていないかなどをチェックしておくとよいでしょう。
なお、入国審査時に滞在先を尋ねられることもあるため、念のためホストファミリーの住所を印刷しておくなどの工夫もお勧めです。
携帯にデータを保存している方も多いですが、現地空港のWi-Fiの調子が悪くPDFがダウンロードできない!などのリスクにも備えておきましょう。

ステップ14:空港到着→滞在先まで移動しよう

語学学校の空港送迎サービスを依頼した人は空港までお迎えがあるので、入国審査を終えて預けていた荷物を回収したら到着ゲートにてお迎えの人を待ちましょう。
お迎えのドライバーはあなたの名前を書いたサインボードを持って待っていてくれることが一般的ですが、待ち合わせの人が多い時は中々自分の名前を見つけられないこともあります。
焦って自分から探しにいくと余計に見つからなくなるので、ゲート付近から離れずに落ち着いて待ちましょう。
(学校及び、ドライバーの緊急連絡先は、渡航前に確認をしておきましょう。)

ステップ15:滞在先に到着したらホストファミリーにご挨拶をしよう

空港送迎を依頼した場合、ドライバーさんはホストファミリー宅(学生寮)まで送り届けてくれます。
事前に伝えていた到着時間にはホストファミリー(学生寮の場合はスタッフさんか管理人さん)が待っていてくれるので、まずは笑顔で挨拶をしましょう。
長旅の疲れや緊張もあるかもしれませんので無理をする必要はありませんが、到着後は家のルールを教えてもらったり、ご家族と親しくなれるよう心がけてください。
食事の時間やバスルームの使用時間、洗濯の頻度などはできるだけ早めに確認しておくと後々のトラブルが減りますよ。

ステップ16:学校初日のオリエンテーションに参加しよう

いよいよ入校日です。
ホストファミリー宅(学生寮)からの通学手段や時間を事前に確認し、初日は少し早めに到着するようにしましょう。
入校初日はオリエンテーションがあり、学校内の施設案内や、授業のスケジュールなどの説明があります。
さまざまな国籍の留学生とオリエンテーションを受けるので少し緊張するかもしれませんが英語力やコミュニケーション能力を向上させるためにも積極的に会話をしてみましょう。

ステップ17:現地生活の下準備を始めよう 

授業がスタートしたら、現地生活に必要な準備も徐々に始めていきましょう。
具体的には、
在留届の申請
通学用の定期券購入
銀行口座開設
などが挙げられます。
他にも大使館の場所や病院の場所、自身が必要な日用品を販売している店なども自身の目で確認をしておくと安心です。

ステップ18:ホームステイ(学生寮)が終了する前にシェアハウス探しをはじめよう

Co-opで留学する場合は長期滞在となるため、最初の数ヶ月のみホームステイ(学生寮)にして、その後は家賃や生活費を抑えるためににシェアハウスに移る方が多いです。
カナダは移民が多いことから、様々な国籍、年代の方とシェアハウスに住む経験ができるでしょう!
カレッジから通学しやすいエリアや、アルバイト先やインターンシップ先に通勤しやすいエリアなど、複数のロケーションで検討し、内覧(ビューイング)を行ってみてください。

ステップ19:カレッジでの座学中にアルバイトを探してみよう

Co-opプログラムは学生ビザに付帯した就労ビザで働くため、前半のカレッジに通っている間(座学期間中)も週20時間のアルバイトが可能です。インターンシップでの就労経験だけでなく現地での生活費も十分に賄っていただけます。仮に時給が$15だとすると、$15(時給)× 20(時間) ×4(週間) = $1,200/月
$1=90で換算した場合、日本円で約10万8千円ほど稼ぐことができる計算になります。

カレッジで授業を受講している間は放課後しか働けませんが、時間に融通のきく飲食業や販売業などであれば比較的簡単に仕事をスタートできます。
カナダにはラーメン店や日本食レストラン、おしゃれなカフェなども多いので、インターンシップの事前練習も兼ねてぜひアルバイト経験をしてみてくださいね。

ステップ20:有給インターンシップを経験し、カナダでの暮らしを満喫しよう

カレッジでの座学プログラムを履修後は、有給のインターンシップを行います。
座学と同じ期間働くことが可能です。(例:前半6ヶ月カレッジで就学した場合、有給インターンシップも6ヶ月。)

どのような仕事ができるのか心配になるかもしれませんが、基本的には自分が働きたい企業で働くことができます。
カレッジのプログラムの一部という位置付けで就労を許可されて要るため、基本的には自分が受講したプログラムに関連した職業である必要があります。

■ビジネス系仕事例

  • 一般企業派遣

ポジション:Marketer
業務内容:取引先とのやり取り、事務サポート、経理処理、在庫管理、市場調査etc

  • 一般企業派遣

ポジション:Office assistant
業務内容:データ入力、電話対応、庶務etc

  • 食料品店派遣

ポジション:Shift Leader
業務内容:スタッフトレーニング、スケジュール管理、商品管理etc

■ホスピタリティ系仕事例

  • 一般企業派遣

ポジション:Office and sales assistant
業務内容:電話対応、メール対応、商品案内、スケジュール管理etc

  • クリニック派遣

ポジション:Medical office assistant
業務内容:問診、予約管理、電話対応、会計処理 etc

  • ホテル派遣

ポジション:Front desk Clerk
業務内容:予約受付、チェックインアウト対応、データ管理、会計処理 etc

(その他、不動産関係、教育関係、航空関係など)

*技術系CO-OPプログラムは初心者の場合、Co-op就労が難しい場合があるので注意してください。

カレッジで学んだ経験を活かして現地カナダで就労経験を積むことで、今後のキャリアアップやキャリアチェンジにつなげていきましょう!

よくあるQ&Aについて

アフィニティでは数多くのCo-op希望者様のサポートをさせていただいておりますため、皆さんが悩みやすいポイントや起こりやすいトラブル事例などの情報量が豊富です。
「まだCo-opに行くか決めていない」という方も是非お気軽に無料カウンセリングをご利用下さい。

現在は、オンライン留学相談をZoom、Skype、お電話でのご案内しております。
ちなみに、無料相談に参加されるお客様の半数以上が、まだ何も決まっていない方ばかりです。
まずは、留学に行くかどうかをご自身で判断できるまでの情報を得る為にも、是非お気軽にご利用下さい。

この記事に関して興味をお持ちの方は、 ぜひメールまたはお電話でお気軽にお問合せ下さい。

カウンセリングを希望する